TOP PAGE

大学/教育関係

講義資料

研究関係

個人的情報

その他

English site

 

田中ゼミ出身者と卒業論文テーマ


平成27年度修士論文

平成27年度卒論


平成26年度修士論文

平成26年度卒論


平成25年度卒論

 


平成24年度卒論

小 山 遼 介:GPSによる移動ロボットの位置推定誤差に関する研究

網 田 祐 岐:移動ロボットに添付した視覚センサによる人と障害物の検知

大 畔 裕:屋外環境での移動ロボット自己位置推定に関する研究

野 々 口 誠 人:RGB-Dカメラによる指と顔の方向検出を用いたインタラクティブゲームの構築

福 本 達 哉:自律移動型ロボットのネットワーク型操作システム


平成23年度修士論文

桑 田 貴 志: 倒立振子制御台車における屋外環境での自己位置推定
高 濱 知 也: 進化的アルゴリズムを用いたぶれ画像の復元

平成23年度卒論

文 田 幸 伸: 加速度センサーを用いた人の行動分析

足 立 直 樹: 複数のPCを用いたRTコンポーネントの制御

稲 岡 和 俊: Pioneer3-ATを用いたじゃんけんゲームシステムの構築

小 椋 聖 司: コンピュータを用いた百人一首システムの構築

郭   哲 史: Kinectセンサーを用いたセニアカーにおける走行補助システムの構築

河 内 圭 介: Differential Evolutionによる移動ロボットの自己位置推定

小 島 章 匡: ポテンシャル法を用いた移動ロボットの経路計画

阪 井 達 弥: RT-ミドルウェアを用いたじゃんけんゲームにおける手の画像識別


平成22年度修士論文

大 西 進 太 郎: 移動走行体における射影カメラモデルを用いた道路領域検知法に関する研究

原 田 喜 貴: コンピュータビジョンを用いただるまさんがころんだゲームの構築

平 野 裕 明: 移動体における全方位画像による自己位置推定

平成22年度卒論

岩 本 和 樹: Pioneer 3-ATを用いた自律動作ロボットの構築

福 井 智 貴: FX6型測距センサを用いた障害物検知

藤 井 彬 史: 小型加速度センサーによる人の動作判別

薬 師 彰 英: SegwayRMP200を用いた自律移動ロボットの制御


平成21年度卒論

坂 本 一 輝: 移動ロボットKoRoの基本制御システムの構築

大 上 貴 浩: 移動ロボットにおけるレーザースキャナを用いた物体検出

桑 田 貴 志: 全方位カメラを使った移動ロボットの安全走行面の検知

青 木    拓: USBカメラを用いた移動ロボットによる数字の検出と判定

今 出 昌 宏: 視覚センサー及び音声認識機能を具備した挨拶ロボットの研究

阪 田 磨 美: 移動ロボットのネットワークロボット化

高 濱 知 也: 「だるまさんがころんだ」ゲームにおけるプレイヤー位置の画像認識とTVMLによるCG表現


平成20年度修士論文

石田健二:サッカー映像におけるカメラワークと試合情報の抽出

平成20年度卒論

新井裕司:サッカー映像におけるボールの検出

今井達也:Camshift法を用いた人物追跡

大西進太郎:動画像における署名認識のためのペン先追跡

佐々木良太:指先で記載する暗証番号システムにおける数字認証

柴谷陽:画像処理による唇の形状抽出

泉内利威:指先で記載する暗証番号システム−データ取得−

原田喜貴:画像認識によるだるまさんがころんだゲームの構築

平野裕明:移動ロボットビジョンにおける概念認識 ‐標識のケース‐

南原健司:サッカー映像における時刻などの文字情報の切り出し

安岡拓朗:全方位カメラによる移動物体の検知


平成19年度修士論文

大西正義:距離カメラを用いた歩行者カウンタの設計

新屋貴史:SLAMにおけるICPアルゴリズムとパーティクルフィルタの比較

平成19年度卒論

安東哲弥:画像解析を用いたじゃんけんゲーム

稲坂仁志:固有顔を用いた顔認証による入室者の判断

植田匡:室内監視のための動画像中の人物追跡と影の分離

大橋祐輔:コード進行を与えるだけで出来る自動作曲システムの改良

加藤佳祐:動的署名認証における各特徴量の特質に関する研究

川崎洋平:動画像中の人物顔の検出と抽出

菅貴教:出席管理システムと数字認証

北村徹:2台のレーザスキャナを用いた人物追跡

佐藤智幸:TVMLによる研究室紹介システム


平成18年度修士論文

鶴谷泰文:複数カメラを用いた歩行者カウンター

日高正博:3次元カメラによる立体構造物の形状把握

平成18年度卒論

石田健二:サッカー画像による得点好機判別

泉 良大:3次元データによる表情変化に強い顔認証

大谷佳織:Google Maps APIを用いた駅ナビゲーションシステムの作成

鬼丸恵理子:遺伝的アルゴリズムによる作曲支援

木野村有美:GAによる二人競技用練習表作成システム

小路高澄:自動抽出によるキーワードを用いたGAによる学会プログラムの作成

古曳佑輔:動画中の人物抽出と着席管理

谷脇健太:レーザースキャナを用いた室内での人物追跡

中村晃大:画像処理によるエレベータの搭乗有無の判定

馬場知貴:夜間画像の文字抽出による夜間運転用画像処理システム

平野耕一:手のポーズによるパンチルトズームカメラの制御と講義自動収録システムへの応用


平成17年度修士論文

宍戸吉夫:走幅跳助走パターンのアドバイスシステム構築

平成17年度卒論

大西正義:顔検出を用いた歩行者カウンタ

酒井信孝:書籍背文字の画像処理による整理及び文字認識支援

新屋貴史:顔の3次元画像の貼り合わせに関する研究

辰巳善行:動的署名認証システムの設計

玉村健:動画リアルタイム処理による遊戯システムの作成−だるまさんがころんだ−

橋本健:遺伝的アルゴリズムを用いた勤務シフト表作成システムの構築

福野公大:携帯電話のカメラで撮影した鍵画像を使った認証問題

吉井伸和:USBカメラを用いた手相の抽出と手相占いシステム


平成16年度博士論文

森靖之:ソフトコンピューティングによる学術学会時間割編成の自動化手法に関する研究

平成16年度修士論文

濱村亮:固定型パン・チルト・ズームカメラを用いた交通画像におけるカメラの状態の推定

平成16年度卒論

岡本崇:署名による個人認証システムの作成

高須賀啓:C言語のプログラムのレポート提出・評価システムの試作

田中宏和:画像中の文字抽出に関する研究

鶴谷泰文:自己組織化マップを利用した道路画像からの環境状況の推定

西山宗秀:差分処理とオプティカルフローによる車両検出の比較

日高正博:3次元データを用いた顔認証システム

中村俊哉:携帯電話のカメラ画像の特性と顔部分の抽出

吉村竜也:任意の背景を持つ人物画像からの顔部分抽出


平成15年度修士論文

吉田 謙吾:DPマッチングとSOMを用いた鳥の鳴き声からの鳥の種類の同定

平成15年度卒論

大場 敬仁:カメラのアングル変化による画像の歪み補正

織田 和宏:遺伝的アルゴリズムを用いたJSPの具体的の解法

北代 雄大:マンドリンの響きによる楽器のランクの自動判定

宍戸 吉夫:陸上競技における走幅跳の助走スピードの測定

住ノ江 彰:遺伝的アルゴリズムを用いたジョブショップスケジューリング問題の選択による考察

大堂 立:配達における最適経路選択システムの設計

中田 紹仁:配達最適化問題

松谷 浩志:ジョブショップスケジューリング問題における山登り法と遺伝的アルゴリズムの比較


平成14年度卒論

和泉 有葵子:節約型家計簿帳

太田 正実:クラス編成問題

岡本 康幹:リアルタイム画像処理による在室の有無の判定

荻野晋司:遺伝的アルゴリズムを用いた仕業ダイヤ作成システム

木村浩二:OPEN-Rアーキテクチャを用いたロボット制御

黒地恭兵:ウェブ上のライブデータの情報抽出

富永智咲子:勤務計画表作成システム

浜村亮:Web画像を用いた波情報抽出システム

細谷彰良:タブレットを用いた署名認識

松尾訓彰:CGIプログラミングによるモバイルグループウェア


平成13年度卒論

岸本  豊:LabViewを使用した音階判定

中村 晃治:音楽基礎理論とチューナーの作成による音の理解

村島 直樹:タブーサーチによる時間割作成システム

大路 倫啓:署名の特徴抽出による筆跡鑑定

川島  研:相関係数と標準偏差を用いた署名照合

衣川 景子:Burke研究室作成の時間割作成ソフトOptimeについて

塚原 亮介:特徴量マッチングによる多数決によるオンライン署名認識

西野 公二:三次元デジタイザを用いた人の顔画像の認識システム

波多江将人:鼻の3D情報のマッチングによる個人認識に関する研究

林  正浩:筆圧・ペンの向き・角度・時間を用いたオンライン署名照合システム

馬場 弘和:ニ値画像の処理による動画像の変化の認識

松岡 秀幸:ペン習字練習システムにおけるインターフェイスの作成

宮武 佳子:自動オンライン署名認証

吉田 謙吾:音響信号処理における音源分離

渡瀬 綾子:細かく分けたストロークの特徴データを使った署名認識


平成12年度卒論

梶谷有希:SOMの重みについての研究

沢志安彦:画像処理を用いた入退室監視システム

新谷義章:ニューラルネットによる気象予測システムの構築

鈴木啓経:タブーサーチを用いた多目的時間割作成シミュレーション

竹村美由紀:自己組織化マップを用いた優良企業探索の手法

前岡美樹:高齢者社会を支える介護サポートシステムについて