4回目 課題

 

以下のような機能を持ったプログラムに書き換えよ。

 

Hの下限、Hの上限、Sの下限、Vの下限、をそれぞれ実行時にキー入力できるようにする。その際に、0をまたぐ赤色のケースに注意すること。

・また、無限ループの中で、キーqを押したら元の画像と抽出画像をファイルにそれぞれoriginal.jpg, extract.jpgのファイル名で保存する。

例(赤抽出の場合)

H(low) : 160

H(up) : 10

S(low) : 50

V(low) : 100

(赤字の部分はプロンプト)

 

余力のある人は、次の追加課題を行ってみよ。

・目的の色の部分を、白ではなく、もとの画像の色で表示する。

 

以下をメール送信すること

・プログラムリスト

・肌色の値を模索し、設定して、顔を写したときの画面キャプチャーした画像

・説明やコメント